「ジュネの『作家稼業』とは、最も注目に値するものの一つ〔l'un〕である。ジュネ自身も、至高性のことをずいぶん気にかけている。しかし彼は、至高性とは霊的交通のなかで与えられるものなのだから、心情の躍動と誠実さとを前提とするものだということを、考慮しなかった。