『感覚の論理 画家フランシス・ベーコン論』

円形は多くの場合、登場人物すなわち人物形体(la Figure)の座っている場を限定する。坐ったり、横たわったり、斜めになっていたり、またはほかの姿勢でいたりする登場人物の場を。こうした円形や楕円形は多かれ少なかれ舞台に似ており、場を形成する。それらは、絵の脇からはみ出すこともあれば、また三枚組絵(トリプティック)の中央に位置することもある…。 フランシス・ベイコンの絵画は非常に特別な暴力に関わっている。たしかにベイコンは、しばしば描かれた場面の暴力を用いている。たとえば、恐怖のスペクタクル、磔刑図、人工器官と四肢切断、怪物など。 だがこれらはあまりにも容易な迂回であり、この迂回を作家自身は作品のうちで厳しく裁き、断罪している。彼が直接関心を持っているのは、色彩と線にのみ巻き込まれているような暴力である。感覚の暴力(表象の暴力ではなく)、静的ないしは潜在的な暴力、反応や表現の暴力。

Un rond de´limite souvent le lieu ou` est assis le pcrsonnage, c'est-a`-dire la Figure. Assis, couche´, penche´ ou autre chose. Ce rond, ou cet ovale, tient plus ou moins de place : il peut de´border les co^te´s du tableau, e^tre au centre d'un triptyque, etc... Souvent il est redouble´, ou bien remplace´, par le rond de la chaise ou` le personnage est assis, par l'ovale du lit ou` le personnage cst couche´. Il essaime dans les pastilles qui cernent une partie du corps du personnage, ou dans les cercles giratoires qui entourent les corps. Mais me^me les deux paysans ne forment une Figure que par rapport a` une terre empote´e, e´troitement contenue dans l'ovale d'un pot. Bref le tableau comporte une piste, une sorte de cirque comme lieu. C'est un proce´de´ tre`s simple qui consiste a` isoler la Figure. Il y a d'autres proce´de´s d'isolation : mettre la Figure dans un cube, ou pluto^t dans un paralle´le´pipe`de de verre ou de glace ; la coller sur un rail, sur une barre e´tire´e, comme sur l'arc magne´tique d'un cercle infini ; combiner tous ces moyens, le rond, le cube et la barre, comme dans ces e´tranges fauteuils e´vase´s et arque´s de Bacon. Ce sont des lieux. De toute manie´re Bacon ne cache pas que ces proce´de´s sont presque rudimentaires, malgre´ les subtilite´s de leurs combinaisons.
L'important est qu'ils ne contraignent pas la Figure a` l'immobilite´ ; au contraire ils doivent rendre sensible une sorte de cheminement, d'exploration de la Figure dans le lieu, ou sur elle-me^me. C'est un champ ope´ratoire. Le rapport de la Figure avec son lieu isolant de´finit un fait : le fait est…, ce qui a lieu… Et la Figure ainsi isole´e devient une Image, une Ico^ne.

12章 標識図 より

「偶然の目印を作ること(線ト線処理)。表面の部分あるいは部位を布で拭い、箒で一掃きしあるいは皺をつけること(色ト色処理)。様々な角度から、様々な速さで、絵具を投げつけること」。(中略)それこそがベーコンがディアグラム(標識図)と呼ぶものである。

標識図、それは線描と色描、線と面との総体、それもそれら操作の総体である。

輪郭を守ること、ベーコンにとってそれ以上に重要なことは何もない。何者をも限界づけない一本の線が、それでもなおそれ自身一種の輪郭となる。ブレイクは少なくともそのことを知っていた。それゆえ標識図が画面全体を蝕まないこと、それが時間的にも、空間的にも限定されていることが必要である。

【14章 註2】
 ギリシャ語の動詞aptô(触る)を語源とする触視的(haptique)は、視覚 と触覚の外的関係を示すものではなく、「視線の一つの可能性」、光学的視点とは別の型の観方を示す。エジプト美術は視線によってまさぐられる。つまり近くから見られることを前提にしている。マルディネは次のように
 言っている、「近接せる諸事象の空間域においては、触覚のように作用する視線が、同一の場において形態と背景との現在を感得する」
(『視線 言葉 空間』195頁)

【17章 註1】
 触視的(haptique)という言葉はリーグルが批判に応えて創ったものである。『後期ローマ時代の工芸』の初版(1901)にはみられず、そこでは触覚的(taktische)という言葉で満足していた。


ホーム