生物学


文献案内

シュレーディンガー『生命とは何か』岡小天・鎮目恭夫訳、岩波新書、1951年。

今西錦司『ダーウィン論』中公新書、1977年。

今西錦司『主体性の進化論』中公新書、1980年。

木村資生『生物進化を考える』岩波新書、1988年。

大沢文夫『講座:生物物理』丸善、1998年。

スチュアート・カウフマン『自己組織化と進化の論理』米沢富美子監訳、日本経済新聞社、1999年。

チャールズ・シンガー『生物学の歴史』西村顯治訳、時空出版、1999年。

日本生物物理学会編『新・生物物理の最前線』講談社ブルーバックス、2001年。

池田清彦『新しい生物学の教科書』新潮社、2001年。

N. R. ハンソン『科学的発見のパターン』村上陽一郎訳、講談社学術文庫、1986年。